2005年03月27日

火山高(韓国映画)

B級アクション映画かな。

すっとぼけたギョンスことチャン・ヒョクは、結構好きですが、映画はイマイチかな。
ワイヤーアクションを駆使した学園武道アクション?
武道というよりも、超能力アクションかな。

もう少し、設定とストーリーをしっかりすれば、かなり違う映画になると
思いますが、なにせ荒削りの韓国映画ですから。

でも、チェイ(シン・ミナ)は、結構かわいい。

チャン・ヒョクは、「僕の彼女を紹介します」の主演男優です。
「天国の階段」のクォン・サンウも出演していますが、脇役です。
見た目は、凛々しくてカッコイイけど、そこまで。
あまり良い所はありません。

「ホテリア」のオ支配人(ホ・ジュノ)が悪役で出演しています。
そういえば、「冬ソナ」のゴリラ先生も出てました。

配役は、結構いいんですけどね。

残念。右斜め下

posted by 三十郎 at 00:00| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 11 映画・ドラマ(韓国・邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

BigSmiley 淡水パール

05001N_DS256.jpg

「春らしいのが欲しい」というリクエストに応えて作りました。

色違いの2パターン。写真は少し白っぽく写ってます。

「黒の方が、色が抑えられていて日常的に使えそう」との感想でした。
結構、かわいいでしょ。

材料は、3mmと4mmのキャッツと淡水パールです。
posted by 三十郎 at 01:50| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 60 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天国の階段(韓国ドラマ)

テファおっぱーーーー 雨

泣けました。 涙が止まらないよー、ってな感じです。

「冬ソナ」よりも、断然泣けました。もうやだ〜(悲しい顔)

観る人によって、感じるところは違うと思いますが、とても面白いドラマでした。

内容には、あまり触れない主義なので、具体的な事は書きませんが
最初の数話の「こんなのありかよ」っていうのを乗り切れば、あとはそれほど
違和感なく観れると思います。

ストーリーは、韓国ドラマらしい展開ですが、「冬ソナ」との違いは、
チェ・ジウの泣き方です。

「冬ソナ」は、静かに泣きますが、「天国の階段」はワンワン(犬じゃありませんが)
泣きます。
全体的に現代的?、若者らしい?感じがします。

残念な事に、緻密性はいまいちです。
マイクが見えたり、来たときと帰るときの自動車の向きが逆とか。
日本のドラマでは、考えられない事だと思います。ストーリーについても・・・

でも、いい事にします。わーい(嬉しい顔)

続きを読む
posted by 三十郎 at 01:39| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 11 映画・ドラマ(韓国・邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

桜が咲きました

桜_DS256.JPG

ひと足早く、桜が咲きました。

ソメイヨシノとは違い、毎年おいしいサクランボのなる桜の木です。

あっという間に、暖かくなりそうです。 晴れ

posted by 三十郎 at 19:29| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 80 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パライソ(PARAISO)/リキュール

お酒は好きで、いろいろ飲むのですが、なかなか銘柄を覚えられないので
備忘録としてカテゴリを追加しました。

今回は、パライソです。

友達の店で、飲んだのが初めてで、自分でも買って飲んでみました。

アルコール20度のライチのお酒です。三角のびんにヤシのデザインのラベルです。

とても甘くて、飲みやすく、あまりお酒に馴染みの無い女の子でも、十分飲めそうです。
グレープフルーツやソーダで割って、カクテルにして飲みます。
「パライソグレープフルーツ」「パライソリッキー」がびんに紹介されています。

私は、どちらかというとグレープフルーツよりは、オレンジで割った方が、後味が
良いと感じました。

たまには、カクテルも良いですが、私には少し甘すぎです。 バー

posted by 三十郎 at 02:52| 大連 | Comment(0) | TrackBack(1) | 01 ワイン・洋酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクトが遅れる理由

しばらく、間(あいだ)が空いてしまいました。

仕事が忙しくなると、どうしても時間が取れなくなるし、仕事に関連した事は
書きたくなくなります。 ふらふら

ゴールドラット博士の本は、大好きで「ザ・ゴール」から「クリティカル・チェーン」
まで全て読みました。

その「クリティカルチェーン」の中にプロジェクトが遅れる理由として、
以下の3点があげられています。

1.統計的変動による遅れ
2.学生シンドロームによる遅れ
3.マルチタスクによる遅れ

「統計的変動による遅れ」は、一連の作業の中で、早い工程と遅い工程があることに
より、早い工程が遅い工程にぶつかって結果的に遅れていくというものです。
又、遅れないように納期は意識してキープしようとしますが、早く終わっても
次の工程を早く始めない傾向にあるという心理的な側面も指摘されています。

「学生シンドロームによる遅れ」は、試験直前にならないと勉強しないという事が
仕事においても発生するという事です。
試験は、点数が悪くなるだけですが、常に100点をとる事が要求される仕事では
うまくいきません。

「マルチタスクによる遅れ」は、仕事を掛け持ちする事による効率の低下です。

最初と最後は、わかりますが、真ん中のやつが、どうもシックリきませんでした。

「仕事」と「学生の試験」は違うでしょ!!

学生は、遊んでりゃいいけど会社で遊ぶわけにはいきませんから。

ここはやはり、ほかの事に時間がとられると考えるほうが自然だと思います。
確かに納期が先だと、切迫した緊張感が無いので、「残業までしなくても」と
いう意識は働くと思います。
そして、それ以上に、突発的な別の仕事が入って時間がとられてしまう事が
多いのではないでしょうか。

又、当初の計画時に、この「突発的な別件」を考慮していない事が真の原因では
ないでしょうか。

いわゆる「計画の精度」と「リスク管理」の話だと思います。

続きを読む
posted by 三十郎 at 02:38| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 20 プロジェクトマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最速で開発し最短で納めるプロジェクトマネジメント/村上悟

わかりやすい、けど、少し物足りない。

率直な感想です。

ゴールドラット博士の「クリティカルチェーン」を以前に読んで、理解できない
部分があった為、解説書として購入しました。

内容的には、物語ではなく直接的に解説されているので、非常にわかりやすいの
ですが、逆に、こんな簡単な事だったっけ? と思ってしまいました。
確かに「簡単」な事を確実に実行するということは、非常に難しい事ではありますが...

TOCをプロジェクトマネジメントに活かす為の入門書としては、とても参考に
なると思います。

私は、もう一度「クリティカルチェーン」を読んでみようと思います。 本




posted by 三十郎 at 01:11| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 13 本・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

逆転で生きる(韓国映画)

キム・スンウ主演のラブコメディーです。

スンウの作品紹介は、これで2作目です。
共演は「ボイス」、「Sex is Zero(色即是空)」のハ・ジウォン。
キムスンウの金髪(銀髪?)は、違和感がありましたが、これもとても面白い映画でした。

もし、あの時、〜していたら、俺は今頃・・・・っていう映画です。 位置情報

人生には、何度か大きな選択をする場面が訪れます。
何かを選択するということは、何かを失うことだとも言われます。

でも、どちらを選択しても、それは自分自身。
本当に必要なものには、通る道が違っても、必ずたどり着くものだと思います。

今、ちょうど「天国の階段」を観ていますが、あのブーメランのように。



posted by 三十郎 at 23:51| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 11 映画・ドラマ(韓国・邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

入札の弊害

「入札」という仕組みをご存知でしょうか。

できるだけ安くものを仕入れる事を目的とした仕組みです。市場のセリやオークションの
逆パターンです。
もうひとつ、この価格的な事意外に独占を抑制し、公平な市場を形成するという目的も
あります。

ここ最近、風当たりの強くなったお役所では、システム開発案件も、この「入札」を
採用するケースが多くなっています。

「システム」といわれる物は、多かれ少なかれ導入する企業にあわせた内容になります。
その為、一度システムを導入してしまえば、他社が新しく入り込む事が困難になります。
その為、「入札」を採用する案件には、IT企業各社が競って応札をします。

少し前には、1円入札がメディアを賑わした事もありました。
たしかに、価格的には安価に調達が可能です。

しかし、本当にそれはハッピーな事なんでしょうか?

続きを読む
posted by 三十郎 at 17:13| 大連 | Comment(2) | TrackBack(0) | 21 契約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふたりのレッスン

lesson3e_DS256.jpg

うえの娘が描いた油絵です。
題名は、「ふたりのレッスン」です。

笑顔がとてもいい作品です。

この絵のようにはいきませんが、我が家には2人の娘がいてケンカを
しながらも、仲良くやっています。

油絵を始めてから、絵に深みが出てきた気がします。
予想以上のいい出来に、展示の絵を前にして顔が緩んでしまいました。

親ばかですな。 わーい(嬉しい顔)

今の私の携帯電話の待ち受け画面は、これです。 アート

posted by 三十郎 at 15:49| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 60 アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語と仲直りできる本/DavidBarker

昨年の夏、娘がオーストラリアにホームスティしたい、と言い出したのを
きっかけに読んだ本です。

本の冒頭にもありますが、日本人が間違い易いポイントをネイティブ・
スピーカーがわかりやすく解説してくれます。

文化の違いも交えた説明は、英語がダメな私でも面白く読むことができました。

「英語を話せるようになるのは、楽な事ではありません。大変な努力が
 必要です。でも、話せるようになるとすごく楽しい。」

英語が苦手だった私も、「なんだ、そういうことだったのか!」と思わず
納得してしまうところも多く、読み物としても面白い本でした。

英語が苦手だったあなた、一度読んでみてはどうでしょう。 犬




posted by 三十郎 at 15:20| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 13 本・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

もうひとつの社会

本日、2つめのTBをいただきました。

このブログをはじめて、1ヶ月が経ちました。

今までは、「会社」「地域」のふたつの社会が私の居場所でしたが、
ここにきて、もうひとつ「ネット」という社会が増えたようです。

ちょっと「ネット」というのは、ネーミングがダサイですね。
「仮想世界」にしますか。

今、一番リラックスできて楽しいのは、「地域」です。
子供の成長と共に、拡張しつつあり、仕事とは関係ないという部分で
とても新鮮です。

「仮想社会」は、顔が見えない分、自分を表現しやすい気がしますが
反面、もろさも感じます。

しかし、ここにも我が家を建てた以上、お隣さんたちとは、うまくやって
いきたい、楽しくやっていきたいと思いますので、遠慮なくコメントや
TBをお願いします。  わーい(嬉しい顔)手(チョキ)



posted by 三十郎 at 01:28| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 80 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする