2006年07月15日

神都麦酒/ビール

DSCF3396_DS320.JPG

お伊勢さん第2弾です。

今回は伊勢の地ビール「神都麦酒(しんとビール)」です。

伊勢は、神々のあわす都ということで「神都」として親しまれて
おり、これにちなんだ名前のようです。

さて味は・・・

「濃い!」「醤油味???」

「プレミアムモルツ」よりもストレートに濃い感じ。
結構好きな味だ。

和風っていうか、結構美味しい。

価格的には、300円前後だった気がしますが、このビール以外に
何かの賞を受賞した地ビールもあって、それが確か大瓶1000円
程度だったかな。

なんか、割高に感じて手が出ませんでした。

ワインだったら平気で買うんですが。

やっぱり、ビールの値段に既成概念があるんですね。

こんな感覚的な価格が定着しちゃうとおいしくても
価格が限られちゃいますね。わーい(嬉しい顔)

最近、高級ビール志向だけど、せいぜい缶ビール250円程度
だもんね。

ビールの定めかー。ちょっぴり悲しいかな。わーい(嬉しい顔)

ベルギービールはもう少し上の価格帯だよね。
こっちは万博で盛り上がったけど、今は苦戦してそうです。
すこしクセもあるし、当たり外れもあるからね。わーい(嬉しい顔)


でも、夏はビールです。右斜め上右斜め上右斜め上




posted by 三十郎 at 20:57| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 03 ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

君は僕の運命(韓国映画)

君は僕の運命_000005_DS320.jpg

久しぶりの映画紹介です。

映画は「映画をガブリ」に移したんですが、たまにはこちらにも。
本家ですからね。わーい(嬉しい顔)

この映画、ラブストーリーなんですが、スマートな恋愛物では
ありません。

どちらかというと「野暮ったい感じ」「下世話なイメージ」かな。

純朴な青年と訳ありのお水系の女の子の一途なラブストーリー。

私は泣きませんでしたが、グッとくる場面がいくつかありました。

観て損はないと思います。わーい(嬉しい顔)

監督は、パク・チンピョ、出演はチョン・ドヨン、ファン・ジョンミン。

韓国映画って、年老いた母親役の女優さんが、みんな味がある
良い演技をしますよね。

結構、映画の屋台骨をグッと支えてるって感じがします。
一般の社会でも、母親の存在が日本よりも大きいんでしょうね。


posted by 三十郎 at 00:53| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 11 映画・ドラマ(韓国・邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

義左衛門/日本酒

DSCF3394_DS320.JPG

 先日、伊勢神宮に行ってきました。

そこでお土産に地酒を購入、それがこの「義左衛門」。

なにげなく購入したのですが、お酒と一緒に入れてあったチラシには
皇太子が参拝された時に飲まれたお酒として紹介されていました。
皇太子がこのお酒を指定されたとの事で、結構有名なようです。

味は、比較的スッキリで後味よし。

ワインを飲み始めてから、日本酒が甘く感じて遠のいていたのですが
これなら大丈夫って感じです。わーい(嬉しい顔)

冷で美味しくいただきました。

最近、私の飲むお酒を娘達が味見をします。

このお酒を一口飲んで、「美味しい」などと言っておりました。exclamation&question

日本酒は熱燗が好きで、冷酒はほとんど家では飲んでいないので
娘たちも馴染みが無いはずなのに...

以外にも「美味しい」などと...

「このワイン、なかなか良いぞ」なんて娘たちに味見をさせて
バカなことを言って酔っ払うのが楽しみだったりしてたんですが
少し複雑な心境です。

うーーん、まあいいか。わーい(嬉しい顔)


ページトップの写真は、伊勢神宮で撮影した巨木です。

大人2人では、抱えきれないほどの巨木が何本もありました。
「ご神木」っていう感じを実感。

「トトロ」や「もののけ姫」が出てきそうです。

なかなか木の雰囲気が伝わる写真が撮れなくて、そんな中での
1枚です。少しは伝わるでしょうか。


話変わって、前回の後ろ向きな記事に対してか、妻の友人から
「ブログおもしろいよ」ってな事を言って頂いたようです。

顔がほころぶのを我慢できず、単純な自分を思わず再確認。わーい(嬉しい顔)

ありがとうございます、少し元気が出ました。晴れ

気長に行こうと思います。

posted by 三十郎 at 01:33| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 02 日本酒・焼酎 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする