2009年05月24日

UL・OS

最近、釣りで外出の機会がメッキリ増えました。
そこで気になるのが日焼け。
先日も薬局に日焼け止めクリームを探しに行ったの
ですが、あまり気に入るものがありません。バッド(下向き矢印)

日焼け止めクリームって、塗ると肌が白くなるから
顔に塗るとドウラン塗ってるみたいになるし、
なんだかベトついたり、粉っぽかったりでどうも
ダメなんです。

えっ、塗りすぎ?

そんな時、ネットでこのウル・オス日やけ止め
発見。SPF25だから少し弱めだけど男性用って
いうのもあって早速購入。

DSCF7448_DS320.JPG

これ、塗った感じが普通のクリームと同じでグー。
色も透明なので、塗った感じも気になりません。

少し香りも付いていますが、これは利用できそうです。

この商品、大塚製薬なんですが、大塚製薬と言えば
釣りのおともでよく買っているSOYJOYも
ここなんですよね。わーい(嬉しい顔)



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

posted by 三十郎 at 16:43| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 95 コマーシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

OXYGEN O2

OXYGEN O2は、硬水ベースのミネラルウォーター。
硬水は、ちょっと癖があるけどスポーツの時に
良いとか、便秘に効くとか聞きますよね。

このOXYGEN O2は酸素含有量が通常の水の
15倍。飲むことで酸素の補給ができるんです。

これから迎える夏、スポーツには水分補給が必須。
少し価格が高めだけど、ちょっといい感じの
飲料水です。

もちろんボトルは酸素含有量を維持するために
工夫されていますが、飲み口が片手で簡単に
開閉できるスポーツロックキャップなんで
サイクリングやハイキング、釣りにも便利。

酸素水OXYGEN O2は、味も3種類。
プレーン、レモン、ピンクグレープフルーツ。
スポーツ飲料水としていかがですか。


posted by 三十郎 at 17:53| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 95 コマーシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グッスミンでぐっすり

グッスミン」、なんてふざけたネーミングだろう。

娘が受験の時に眠れないからと購入したのが初めての
出会い。
本当に効くのーexclamation&question
なんて思ってたけど、結構効くんです。

以前はビンだったんだけど、リニューアルして
紙パックになりました。
そして早速トライアルセットを購入。

DSCF7439_DS320.JPG

トマト酢とGABAが入ってアップル味。
結構飲みやすいです。

カロリーも7calと健康的。

このグッスミン、ネットで購入したんだけど送料は無料。
定期販売コースだと15%オフ。
WEB会員になるだけで2%オフ、登録は無料。お得です。

平日はいつも寝不足だけど、グッスミンを飲むと熟睡した
気がします。なんとなく、朝もスッキリ。わーい(嬉しい顔)

なんだか眠れないなー、なんて時は薬に頼るんじゃなくて
グッスミンを試してみたら。眠い(睡眠)

posted by 三十郎 at 17:17| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 95 コマーシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

テナガエビのその後

昨日は結構お疲れで、書ききれませんでしたが
その後のテナガエビ。

午前中、足場の悪いゴロタ場でテナガエビを釣り、
家に持ち帰って早速泥抜き。足
珍しく本日は腿が筋肉通。あせあせ(飛び散る汗)

大きめのクーラーボックスにブクブクを入れ
写真にもあったようにゴミのネットを入れ準備完了。

死んでしまったエビは、始め1匹だったのに
時間が経つにつれドンドン死んでっちゃう。がく〜(落胆した顔)
特に抱卵中のヤツ。

水道水がマズイのか、塩を入れ忘れたのがダメだったのか。

一緒に入れたハゼを食べちゃうほど元気だったのに。バッド(下向き矢印)

ここで作戦変更。

エビも小さいし、見た目は透き通ってきれいだから
今晩食べてしまおう。
えっ、オオカミみたい?わーい(嬉しい顔)

ネットには泥抜き2,3日は必要と書いてあったので
頭の部分を割って内臓と思われるものを取り除いて
野菜と一緒に天ぷらに。

妻は背ワタも取った方が良いと言ったが
小さすぎてうまくとれず断念。

090510_1803~01_DS256.JPG

透明だったエビも死んじゃうと白くなるんです。

エビと野菜を別々に揚げるつもりだったんですが
気がついた時にはかき揚げ状態に。

料理新米の私は手が遅く妻には待ってもらえません。犬

でも、カリッと揚がって食感はグー。手(グー)

味も普通のエビです。exclamation&question 当たり前?
においも全く問題なし。

DSCF7433_DS320.JPG

でも、引っかかるものが...

エビ単体をカリッと揚げて、塩味で食べるのを
想像していただけに...

結構釣ったし、それなりに掴めたからもういいかなって
思ったけど、料理も最後まで自分でしないとね。

エサもたくさん残ってるし。
来週も行ってみるかな。わーい(嬉しい顔)

でも自分が釣ったヤツをさばいて料理するっていうのは
リキがいるよね。
生きることへの執念というか。わーい(嬉しい顔)

エビって、エイリアンを想像しちゃうよね。
この頭を割るっていうあたりがなんとも。たらーっ(汗)
ちょっとうなされそう。わーい(嬉しい顔)

ブログランキング応援クリック待ってます。るんるん




【日経平均先物と釣り人】


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ラベル:テナガエビ
posted by 三十郎 at 23:10| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 50 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

テナガエビ釣れない原因は

本日3度目のテナガエビチャレンジ。
昨日も、前回に続き大苦戦。釣れたのは1匹のみ。もうやだ〜(悲しい顔)

何が原因なのか・・・?

いろいろ原因は考えられるけど、ほかの人と違うのは
まず、エサ。

私は、エサが残るのがいやで昨年ハゼ用に購入して
冷凍してあった赤貝のヒモを使用。
でも、一般的なのはアカムシ。

そこで、本日はアカムシを使用。NEW

そして時間帯、午前中メインでお昼過ぎに帰る人が多い。

そこで、今日は早起きをして朝から開始。ぴかぴか(新しい)

そして、結果は。

DSCF7416_DS320.JPG

なんと40匹以上。

でも、テナガエビじゃない奴がほとんど。
テナガエビは5匹で、他はシラタエビでした。

このシラタエビ、テナガエビと生活習慣?が違うみたいで
いろんなところをウロウロ、テナガエビみたいに障害物に
隠れたり巣穴にエサを持ち込んだりしないようです。
それにサイズも小さめ。

魚や鳥に追いかけられて水面を跳ねてるやつは
こいつでした。

DSCF7419_DS320.JPG

これが、テナガエビ。

DSCF7432_DS320.JPG

で、これがシラタエビ。

ウルトラセブンのように? 
鶏のように?

頭の上にギザギザの帽子? トサカ? があります。
鼻の上かな、写真では透明に写ってるやつです。

ちなみに、このエビは抱卵中でした。

テナガエビには、これがありません。
テナガエビはハサミが長いのですぐわかります。

DSCF7431_DS320.JPG

どうも、今たくさん釣れているのはシラタエビで
赤貝はシラタエビには向かないみたいです。わーい(嬉しい顔)

本当に今日はよく釣れました。猫

今年に入り釣った魚は、「エイ」「ニジマス」「チチブ」
「マハゼ」「カニ」「テナガエビ」「シラタエビ」の7種。

ここに「シーバス」が入ってないのが悔しい。

今度こそはがんばるぞ。グッド(上向き矢印)

ブログランキングよろしくね。るんるん


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

posted by 三十郎 at 23:38| 大連 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 50 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

リンデマンBIN45/ワイン

DSCF7269_DS320.JPG

すごく美味しいワインでした。
うまみがあるというか、ワインらしいワインというか。
久しぶりに美味しかった。わーい(嬉しい顔)

酔っぱらいだけど、良い気分です。
今日のワインは別のやつだけど、娘と二人というのもあって
酔っぱらいです。

カベルネ・ソービニヨンって、美味しいよね。

先日、TDL裏に行ったんだけど、TDL入口の
モニュメントが変わっていました。

25周年終わったからね。時計

ちょっと地味になってたよ。

DSCF7293_DS320.JPG

あいかわらず、毎週のように前を通るだけで中には入れない
酔っぱらいのオヤジでした。




毎日頑張っている自分へのご褒美に


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

ラベル:ワイン
posted by 三十郎 at 00:24| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 01 ワイン・洋酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする