2007年05月26日

日本酒の種類(特定名称)

日本酒には、いろいろ種類があります。
ラベルに「大吟醸」とか「純米酒」とか書かれていますが
これらは酒税法によって表示基準が決められています。

「特殊名称」というそうです。

1.純米大吟醸
  原料:米・米麹  精米歩合:50%以下

  アルコール添加なし。米と麹、水のみを原料とし、
  精米歩合が50%以下で製造されたもので、固有の
  香味及び色沢が特に良好なもの。

2.純米吟醸
  原料:米・米麹  精米歩合:60%以下

  アルコール添加なし。米と麹、水のみを原料とし、
  精米歩合が60%以下で製造されたもので、固有の
  香味及び色沢が良好なもの。

3.特別純米
  原料:米・米麹  精米歩合:60%以下

  アルコール添加なし。米と麹、水のみを原料とし、
  精米歩合が60%以下で製造されたもので、香味及び
  色沢が特に良好なもの。

4.純米
  原料:米・米麹  精米歩合:70%以下

  アルコール添加なし。米と麹、水のみを原料とし、
  精米歩合が70%以下で製造されたもので、香味及び
  色沢が良好なもの。

5.大吟醸
  原料:米・米麹・醸造アルコール 精米歩合:50%以下

  米、麹、水、醸造アルコールを原料とし、精米歩合50%以下
  で吟味して製造された清酒。・通 常の発酵温度よりも低温
  でゆっくり発酵させて造られる。固有の香味及び色沢が特に
  良好なもの。

6.吟醸
  原料:米・米麹・醸造アルコール 精米歩合:60%以下

  米、麹、水、醸造アルコールを原料とし、精米歩合60%
  以下で吟味して製造された清酒。・通 常の発酵温度より
  も低温でゆっくり発酵させて造られる。粕を多くとり、
  絞られる酒は約半分。贅沢な清酒。


7.特別本醸造
  原料:米・米麹・醸造アルコール 精米歩合:60%以下

  米、麹、水、醸造アルコール(米の使用量 の10%以下の
  使用)を原料とし、精米歩合60%以下で製造される清酒。

8.本醸造
  原料:米・米麹・醸造アルコール 精米歩合:70%以下

  米、麹、水、醸造アルコール(米の使用量 の10%以下の
  使用)を原料とし、精米歩合70%以下で製造される清酒。

どうでしょう、わかりますか。わーい(嬉しい顔)
大体値段的には、高価な順でしょうか。

「吟醸」っていうのはフルーティーで淡麗。
「吟醸香」といわれる香りがするようです。
「純米」っていうのは、米本来の旨みと風味がするもの、
ってな感じでしょうか。

私もよく区別できていませんが、頭の片隅において
飲み比べてみてください。わーい(嬉しい顔)

ランキングに参加中、是非投票をお願いします。





posted by 三十郎 at 17:21| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 02 日本酒・焼酎 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック