2007年05月26日

日本酒の種類(製造法)

 日本酒は、「大吟醸」「純米酒」みたいな種類とは別に
製造法を基にした「生酒」とか「原酒」なんて種類が
あります。これも、よく見かけますよね。

1.古酒

  清酒を1年以上貯蔵したもの。

2.生酒

  清酒は出来上がった後、65℃前後で過熱殺菌処理
  (火入れ)を行うが、生酒はこの火入れを行わずに
  瓶詰めした清酒。酵母や酵素が生きている。
  フレッシュな味わいで香りも楽しめます。

3.原酒

  瓶詰めの際にアルコール度調整のために水を加え
  ない清酒。濃い感じがします。

4.生貯蔵酒

  加熱処理をせずに貯蔵し、出荷直前に過熱処理を
  した清酒。

5.生一本

  単一の製造場のみで醸造した純米酒。

6.樽酒
  樽で貯蔵した清酒。 樽酒は木の香りがいいですよね。

どうです、参考になりましたか。




posted by 三十郎 at 19:18| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 02 日本酒・焼酎 他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック