2015年11月22日

サンフランシスコ最終日

とうとう、サンフランシスコ最終日。

午前中は、学会に参加するとのことで娘たちは早朝から会場へ。
残された私たちはゆっくり荷造り。

サンフランシスコに来たら、ケーブルカーでしょってことで
娘たちも乗りたいということになり、最終日もフィッシャーマンズ・ワーフへ。

P1070240_DS500.JPG

今日は、天気がいい。

結局、心配した天気も大きく崩れることもなく、良い感じ。

今回のケーブルカー、チケット売り場が開いてなくて、車内で支払うことに。
片道7ドル。

バーには掴まれなかったものの、私は後部デッキに。

P1070267_DS500.JPG

良い景色を満喫。


同じ後部デッキに乗ってた黒人のカップル。

車掌?さんに、ケーブルカーの仕組みを説明してもらい、

「おい、にーちゃん、俺の代わりにケーブルカーを止めてくれるかい」

「任せとけ」

「おいおい、そんなんじゃ、止まらないよ。


P1070275_DS500.JPG


みたいな感じで、乗客にブレーキをかけさせる。

こんなこと、普通はないよな。


そして無事到着、平日のためか、前回よりも人通りが少ない。

建物の壁も、色の塗り直し中。

P1070294_DS500.JPG


お昼は、ハンバーガー。

これ、結構美味しい。

P1070300_DS500.JPG

そして、1時間程度の遊覧クルーズに参加。

P1070325_DS500.JPG


IMGP0042_DS500.JPG

IMGP0055_DS500.JPG

ゴールデンゲートブリッジをくぐり、アルカトラズ島の周りをクルーズ。

IMGP0081_DS500.JPG

ショップを見て回り、いつの間にか夕方。

IMGP0142_DS500.JPG

帰りのケーブルカーは、みんなでバーにつかまって帰りました。

IMGP0185_DS500.JPG

何度か、ケーブルカーとすれ違ったけど、手を伸ばせば
すれ違うケーブルカーに手が届く...

これ、結構ヤバイ感じ。

ホテルに預かってもらった荷物を受け取り、空港までホテルの車で。


あっという間のサンフランシスコ。

想像以上に観光地、全く予定を立ててなかったのに、教授のおかげで
とっても楽しめました。

そして、知らない間に目に触れ、耳で聞いていた街でした。



次に飛行機に乗れるのは、いつになるのかな。




posted by 三十郎 at 00:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

サンフランシスコ散策

基本的に旅行中の予定は立ててない。
教授にお任せなところもあるけど、時間を贅沢に使って
ゆったり、まったりしたい...が妻の希望。

この時期、サンフランシスコは雨が多い時期。
この日も天気予報は雨...。

ホテルのモーニングコーヒーをゆっくり味わって、
とりあえずホテルを出る。

IMGP3327_DS500.JPG

映画でよく見るように、外側に非常階段がついている建物が多い。

今回の旅行で、スマホの威力を再認識。
この日も、スマホのマップアプリで行き先までのルートを確認。

行き先は、グレース大聖堂。

P1070098_DS500.JPG

この急な坂を登ると、道路を隔てて大聖堂がある。

P1070202_DS500.JPG

この写真の面を内側から見ると、

P1070163_DS500.JPG

こんな感じ。

そして、奥に祭壇がある。

P1070177_DS500.JPG

両側には、ステンドグラスと、大聖堂の歴史をなぞった壁画が。

この空間は、完全にヨーロッパ。

P1070187_DS500.JPG

P1070173_DS500.JPG


ステンドグラスからの虹色の光がフロアに映る。

P1070147_DS500.JPG

P1070192_DS500.JPG

そして、この一筆書きの円形模様にそって、歩く老婦人がいた。

大聖堂のシンボルらしく、Tシャツのデザインにもなっていた。


そして、もうひとつ。
オールド・セント・メアリーズ大聖堂。

IMGP3262_DS500.JPG

IMGP3265_DS500.JPG

こっちは、だいぶ規模が小さい。


そして、ぶらぶらと歩いていたら、いつの間にかチャイナタウン。

お土産屋さんがあまりない通り。
なんとなく地元の人が歩くような通りで、怪しいお店で呼び止められて昼食。

IMGP3250_DS500.JPG

スープに出前一丁をトッピングして、8.8ドル。

チップを出そうとしたら、いらないと断られた。

この値段、チップを受け取らない、親切なのかよくわからないが
味は、間違いなく出前一丁のインスタントラーメンだった。

何気なく覗いた金物屋。
入口には大きな中華鍋や包丁、奥は幻想的な提灯。

IMGP3268_DS500.JPG

ちょっと怪しい通り。



IMGP3273_DS500.JPG

こっちは、観光客も多い通り。


そして、ホテルに向かってぶらぶら。

IMGP3316_DS500.JPG

ユニオン・スクエア。

右側の白い部分は、スケートリンクでした。


こっちは、ストリートとアベニューに名前が付いていて
住所になっている。

道路には、こんな感じでなまえの刻印がある。

IMGP3227_DS500.JPG

落書きは、アメリカらしいおまけ。

そして、夕食は娘たちと合流し、娘がお世話になっている別の教授と
5人で中華街で食事。

最後にフォーチュンクッキー。

なぜか、私のだけ文字が切れてました。

P1070226_DS500.JPG


posted by 三十郎 at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

フィッシャーマンズ・ワーフ

フィッシャーマンズ・ワーフ...

学生の頃、丸暗記していた英会話の文例にフィッシャーマンズワーフが
含まれていた事を思い出す。


娘を学会に送り出した後、妻とゆっくりホテルを後にし、
とりあえずケーブルカーのチケット売り場へ。

P1060963_DS500.JPG


天気予報では、雨とのことだったが、朝少し降っただけで
今日は、なんとか持ちそうだ。

チケット売り場は、ケーブルカーの終着点近くにある。

この日の予定を特に決めておらず、毎回チケットを購入するのが
大変そうなのでワンデーパスを購入。
17ドルと、ちょっと高い。

後で、何度かチケット売り場を見ることになるが、
これがまた曲者で、よく閉まっていてチケットが買えない。

P1060967_DS500.JPG

P1060969_DS500.JPG

ケーブルカーは、終点で線路に埋め込まれているターンテーブルに乗せ
人力で方向転換する。
このターンテーブルを囲むように乗客が並んでいるんだが、
この脇でタキシードを来た黒人のおじさんが良い声で歌を歌っていた。

写真を撮ろうと思ったが、撮るとチップを渡さないと
いけなくなるのでパス。

でも、結構入れてる人もいた。

ここから2路線出ているが、どちらもフィッシャーマンズ・ワーフに
行くので、とりあえず乗れるものに乗ることに。

ケーブルカーは、前半分が外向きの椅子とつかまり立ちするバーで
後ろ半分が、普通の内向きの椅子になっている。
バーにつかまって乗りたい方が多いようで、乗るのを見送る人も多い。

途中、かなりの坂道を通り、チャイナタウン、くねくね道の近くを通り
終点のフィッシャーマンズ・ワーフへ。

P1070025_DS500.JPG

この日は、何かのイベントだったようでパレードをしていたが、
横目で見ながら、ショップをのぞきながらシーフード屋台のほうに向かう。

P1070026_DS500.JPG

屋台には、あやしい食べ物がいっぱい。

P1070027_DS500.JPG

IMGP3163_DS500.JPG

IMGP3146_DS500.JPG


屋台は見送り、テーブル中央に暖をとる焚き火があるショップで
クラムチャウダーボールを注文。

P1070034_DS500.JPG

味は、まあまあ。


P1070044_DS500.JPG

海沿いに、ピア39の方へ。

P1070053_DS500.JPG


ここには、ショップがショッピングモールのように集まっていて
結構見るところが多い。

P1070057_DS500.JPG

一番奥まで行くと、アザラシがたくさん日向ぼっこをしている。

IMGP3122_DS500.JPG

IMGP3126_DS500.JPG


ここからは、ゴールデンゲートブリッジと、アルカトラズ島が見える。

IMGP3137_DS500.JPG

IMGP3142_DS500.JPG

ショップには、アルカトラズカラーのグッズがいろいろ。

夕方になり、またケーブルカーで帰るのだが、なぜか全然来ない。
1時間くらい待った気がする。

なんといっても、ケーブルカーには時刻表がない。
要するに時間はかなり適当。

朝乗ったところまで行ったら、何台もケーブルカーが溜まってました。

帰りのケーブルカー乗り場でも、楽器を演奏するおじさんが。

この方は、CDを販売してました。
こういう方たちが、結構いましたね。

IMGP3181_DS500.JPG

posted by 三十郎 at 00:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

本当のサンフランシスコへ

ワイナリーツアーの翌日は、ホテルをチェックアウトし
スタンフォード大学へ。

ワイナリーは、サンフランシスコ空港から北に上がって
中心街を通り越してソノマに行ったが、この日は逆に南に下る。

P1060880_DS500.JPG

大学は、とっても広いので一画を散歩しただけ。


P1060883_DS500.JPG

P1060897_DS500.JPG

その後、近くのショッピングモールで買い物をし、次のホテルに移動。


空港は、サンフランシスコの中心街から だいぶ南に位置し、
郊外にあたるため、高い建物はなくゆったりした感じだが、
中心街に近づくにつれ、坂道と背の高い建物が増えてくる。

P1060868_DS500.JPG

P1060870_DS500.JPG

こんな感じだったのが、


P1060928_DS500.JPG

P1060931_DS500.JPG

こんな感じに。


そして、ホテルの近くでレンタカーを返し、ユニオン・スクエアに
ほど近いセラノホテルにチェックイン。

ここからは、学会も始まるため娘たちとは別行動が増え、
公共交通機関を利用することになる。

ホテルまでの少ない距離を歩いただけだが、今までとは違い
浮浪者も増え、危険な香りがプンプンする。

東京にも浮浪者は結構いるが、こっちの浮浪者は積極的で
お金がほしいと通行人に話しかけてくる。

いきなり、ビックリ。

毅然とした態度で「ノー」と教授。

さすが。

この通りから向こうには、行かないようにと教授に注意を受けたが
方向音痴の私は、どこが危険なところなのかよくわからない。

ここら辺が、やっぱり海外。


3泊するセラノホテルは、こんな感じ。

P1070087_DS500.JPG

P1060936_DS500.JPG

バガボンドよりも狭くて、電子レンジも朝食もないけど高い。


学会の受付を済ませて、ステーキハウスで食事をし、この日は終了。

P1060957_DS500.JPG

P1060959_DS500.JPG

このステーキは、16ドル。

昔フロリダに行った時よりは、数段おいしく頂けた。

教授の話では、給仕のいるお店は15%くらいのチップを
置いていくのがマナーらしい。

カード支払のときは、代金の記入された伝票にチップと合計額を
追記して精算とのこと。

これで、とりあえず別行動でも何とかなりそう。

posted by 三十郎 at 00:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

サンフランシスコ到着

今回の旅行は、羽田からのJAL直行便。
行きは深夜発で現地に前日の夕方着、9時間くらいのフライト。
時差は、マイナス17時間。

帰りも深夜発で、早朝着の13時間くらい。
偏西風の影響で、帰りのほうが時間がかかるみたい。

どちらも夜のフライトなので、比較的楽ちん。

到着後、レンタカーを受け取りホテルにチェックイン。
夜はスーパーに買い出しに行き、部屋で予定を確認しながら食事。
たまたま電子レンジがあったので、ラザニアとか温めるものが食べられました。

P1060695_DS500.JPG

こんなやつ。


P1060708_DS500.JPG

P1060689_DS500.JPG

これが、お世話になったバガボンド イン エグゼクティブ サンフランシスコ エアポート。

ここは、朝食付きで、ワッフルメーカーなるものがあって
自分たちでワッフルを焼くんです。

P1060711_DS500.JPG


そして、この日はレンタカーでワイナリーツアー。

途中、ゴールデンゲートブリッジを渡り、ヴィスタ・ポイントで記念撮影。

P1060722_DS500.JPG

P1060739_DS500.JPG



ワイナリーは、ソノマとナパにあって、今回は時間が足りずナパには
行けませんでした。

どこのワイナリーも試飲ができて、気に入ったワインを購入できるんですが
自分たちが行ったところは、すべて試飲は有料。

高額ワインを含め、数種類を試飲すると1人15ドル程度。
特定のワインだけだと、5ドルくらいからって感じ。

気に入ったワイナリーがあるのなら、そこで購入前提で試飲して
ゆっくり過ごすのがいいかも。
高額ワインも試せるし。

今回は、直前の飲みすぎ事件や教授に運転して頂いている事もあって、
あまり試飲はできませんでした。


1件目は、ST−FRANCIS。
ここが、一番きれいでした。
最初のワイナリーということで、ドキドキ。

カウンター越しに、説明を聞きながら皆さん試飲中。

いつも行くスーパーの試飲会と違って、すごくリッチな感じ。

グッズも色々おいてありました。

P1060782_DS500.JPG

P1060783_DS500.JPG

P1060784_DS500.JPG

P1060786_DS500.JPG


2件目は、KENWOOD。
ここでは、5ドルで1種類のワインをみんなでシェアして試飲。

特別にワインの貯蔵してある樽も見学。

IMGP3083_DS500.JPG

IMGP3088_DS500.JPG

IMGP3093_DS500.JPG

IMGP3095_DS500.JPG


3件目は、ARROWOOD。
ここも、景色は抜群で、建物もおしゃれ。

IMGP3103_DS500.JPG

IMGP3104_DS500.JPG

IMGP3105_DS500.JPG


4件目は、B.R.COHN。
ここには、オリーブオイルもあって、試飲してオリーブオイルを購入。

P1060816_DS500.JPG

P1060818_DS500.JPG

P1060820_DS500.JPG


5件目は、LITTLE VINEYARDS。
ここも試飲して記念撮影したけど、味はちょっとイマイチ。

P1060822_DS500.JPG

P1060828_DS500.JPG


ワイナリーは、閉まるのが結構早くて16時半とか。
ここで、終了の予定だったけど、ワインが購入できておらず
急きょ、近くでもう1件。

6件目、MADRONE。

すでに時間が過ぎていて、試飲は終了してたんですが、購入するワインを
迷っているということで、英語堪能な教授がうまく話をしてくださって
無料でみんなで試飲。

ここのシャルドネは、すごーく新鮮な味で美味しかった。
白も良いワインは、美味しいことを再認識。


P1060835_DS500.JPG

P1060836_DS500.JPG

正月用に、2本購入。
ジンファンネルと、美味しかったシャルドネ。

P1070356_DS500.JPG


どこのワイナリーも、良い値段のワインが多く、30ドルから100ドルって感じかな。

お昼に入ったお店には、行ったワイナリーのグラスワインがあって、
試飲の代わりに注文して、おいしく頂きました。

1件目のワイナリーのワインだったかな。


P1060832_DS500.JPG


posted by 三十郎 at 12:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

サンフランシスコ準備・予備知識編

すっかりご無沙汰です。

もう更新するのをやめようかとも思いましたが、最近物忘れが激しく
どこかに記録しておかないと忘れてしまうので、とりあえず...

勤続30年ということで、10日間の休暇をいただき久しぶりに
海外旅行に行ってきました。

たまたま娘が大学院の研究室から海外の学会に参加するとのことで
費用が学校から出るため、これに便乗。

学会が開催されるサンフランシスコに行くことに。

そのため、飛行機、ホテルの手配は娘が担当。
最近は、このあたりの事情がよくわからず任せっきり。

現地での日程も、教授が同行していただけるということで妙に安心し
ほぼノープラン。

機中2泊、現地5泊の7日間で、学会のある3日程度は娘とは別行動で
妻と二人で観光の予定。


とりあえず、何回かにわけてログアップするということで
今回は、準備、予備知識編。


事前に迷ったのが、娘との連絡方法。

何せ、海外で別行動になるので連絡がとれないと非常に困る。

スマホは利用できるようだが、そのままでは高額の通信料が発生するとのことで
事前にショップやネットで確認。

どうも機内モードにしておけば、通信料等は発生しないらしい。

でも、機内モードにするとWI-FIのみの通信となるため誰でも利用できる
WI-FIが整っていないと使えない。

娘が、WI-FIルータのレンタルが必要とのことで見積もりを持ってきたが
2台借りると1万以上。
同行する教授もレンタルするとのことで、とりあえず娘は学会会場や、
公共のWI-FIを当てにして、自分たち用に1台だけレンタルすることに。

一般的に大きな施設、空港やショッピングセンターはWI-FIが利用できると
いうことだったが、これだと速度が遅いのかLINEやゲームは使用できず、
通話も途中で切れてしまう状況。

要するに使えない。


なので、レンタルして非常に助かりました。


ワイホーっていうところで、ネット予約し、空港受け取り、空港返却で
手間いらず。通常のセットで1日中つけっぱなしでバッテリーも問題なし。

ただし、ルータの通信範囲は結構せまく、同じショッピングセンターにいても
少し離れてしまうと届かないっていうこともありました。


今回は、トラベラースチェックは利用せず現金のみとし、両替に銀行に
行ったんですが、両替は自動販売機になっていて100ドル、300ドル、
500ドルと金額ごとに適当に金種を混ぜたパックが用意されていて、
これで両替。

50ドル、100ドル紙幣は、使えない場合もあるとのことでしたが
現地では特に問題なし。

物価は、東京とあまり変わらないか、ものによっては高い感じ。

消費税(売上税)も必要で、ものにより税率が違うようですが、通常は
8.75%。

なので、正確に支払代金が計算しにくい。

P1060705_DS500.JPG

到着後、スーパーに行ったんですが、ワインは200〜500円くらい
安い感じ。

IMGP3110_DS500.JPG

P1060693_DS500.JPG


他は、よくわかりませんが、なにせ量がやたら多い。

P1060698_DS500.JPG


ホテルも結構高めでしたが、こっちは安全を買うということらしく
高くてもある程度のホテルにしないと、場所が危険なところだったり
するようです。






posted by 三十郎 at 11:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

エンジョイ!グァム

今日は木曜日、先週は旅行のなかび。
ちょうど、海を満喫した日です。晴れ

そんな訳で、忘れないうちに写真をUPします。

まずは滞在中すごーくお世話になったショッピングバス。

タモン地区を10分から20分おきに巡回しています。
JTBのツアーはこのバス?と提携しているらしく
乗り放題の無料パスがもらえます。

P1000355_DS320.JPG

そして、ネットで事前に予約しておいたパラセーリング。

P1000422_DS320.JPG

この海の青い事、着色はしてませんよ。わーい(嬉しい顔)

予約したパラセーリングには無料のバナナボートが
セットになっていて、パラのポイントまでは
バナナボートを満喫、ずぶぬれです。雨

海水が目にしみて先頭に座ってなくても目があきません。
ダサイとさんざん言われた私はゴーグルのおかげで平気でした。
海に落ちそうになる若者を支える余裕も。魚座

大昔に購入した度付きゴーグル、すごーく重宝です。ぴかぴか(新しい)

P1000444_DS320.JPG

P1000460_DS320.JPG

そして、パラセーリング。

バナナボートよりも、乗って行ったモーターボートよりも快適。
かなり高くまで上がって、戻る途中で海面に1度突入し
無事ボートへ着地。

モーターボート、結構船酔いします。
薬なしでなんとか耐えられるくらいだったので
イルカウォッチなんか行ったら、確実にグロッキーです。
乗り物酔いの薬を前もって飲みましょう。

P1000478_DS320.JPG

そしてホテル前のビーチ。
この時期は雨季なので、夕方はいつも雨。
みなさん、あまり気にしません。

ビーチパラソルとソファーの利用は有料でした。

海底散歩とかスキューバダイビングとかありますが
ゴーグルさえあれば、きれいな小魚がたくさん見ることが
できます。ナマコもたくさん。

但し、魚は少し先のサンゴ帯にいるのでビーチサンダル等を
はいていかないと怪我をします。
しっかり流血してしまいました。わーい(嬉しい顔)

P1000542_DS320.JPG

これはホテルのプール。

プールと海が一体となって見えるのがウリ。
夕暮れのプールサイド、良い感じです。

このホテルでは、プール用バスタオルのサービスがあったので
ビーチでも利用できて便利でした。

P1000579_DS320.JPG

酔っ払いでしたが娘にせがまれ夜のビーチに。

時間が遅かった事もあってホテルからの通路が閉まっており
暗闇の小道をつたってなんとかビーチへ、途中大きな
ヤドカリに遭遇。また、こいつが速い。猫

夜でもビーチには、カップルがチラホラ散歩。

田舎者の足元、読めますか?

黒ハートIN GUAM黒ハート

おー、青春じゃー。やや欠け月

ブログランキング応援してね。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




グアム旅行での格安オプショナルツアーなら「グアム旅行ナビ」


このバナーで実際にツアーを申し込みましたよ。
安心です。

posted by 三十郎 at 00:38| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

グァムとインフルエンザ

P1000636_DS320.JPG

せっかく海外旅行をしたので、ガイドブックに乗ってないような
情報を少し。

我が家の事情というやつで上の娘は別居中。猫

旅行前からゴホゴホやってたので
「大丈夫か?」

と何度も確認していましたが、当の本人は
「もう、治った」の一言。

一緒に住んでいないので確かなことがわからない...モバQ

そして出国。

成田では特にインフルエンザの検査はないものの
グァム空港では5本の指を機会にかざし、顔写真を撮る
チェックがありました。

これ、インフルエンザのチェック?

娘は熱は無いので問題なくパス。

が...

滞在なかびの夜、疲れが出たのか発熱。
翌日最終日はホテルにこもって様子見...

とりあえず、午前中に熱も下がり午後は海水浴。がく〜(落胆した顔)

おいおい、海にはいって大丈夫か?

そこは我まま娘、言うことを聞くはずもなし。

結果、予想通り発熱...バッド(下向き矢印)
そして翌早朝出国。

持参の風邪薬のせいか、熱は収まったものの
バタバタでみんな非常に不機嫌ー(長音記号2)

普段、一緒にいないこともあってちょっとした事で
家族のバランスが崩れる。台風

あー、なんて最悪な最終日...

娘は発熱もそれほど高熱ではなく、関節も痛くないので
インフルエンザではなさそうだが、ヒヤヒヤしながら
出国。

グァム空港ではチェック無し、機内説明で成田でも
指と顔写真の検査があるとのことでしたが、実際は何も無し。

グァムの街中では体調の悪そうな人、マスクをしている人は
あまり見かけませんでしたが空港にはかなり酷そうな方も
いて、「おいおい、大丈夫かよ」なんて思いましたが
問題なかった様子...
さすがに機内ではマスクをつける方がチラホラ。

海外よりも国内の方が危険のよう。


無事、帰宅できたものの帰宅後悪化。
あわせて家族の雰囲気も悪化...雨

救急診療でインフルエンザではないことは確定したものの
体調不良、雰囲気最悪の中、娘は名古屋に帰って行きました。新幹線

どよ〜ん。バッド(下向き矢印)


結局、空港での検査は犯罪防止の為の指紋、顔写真の
採取でした。足



話は変わりますが、グァムでは歩行者信号は
ボタンを押さないと信号が青になりません。

初日は、知らずに結構待ってました。
注意してください。信号

P1000597_DS320.JPG

ブログランキングよろしくね。




ラベル:グァム
posted by 三十郎 at 23:50| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

この夏、海外旅行で絶対得する大作戦

 もうすぐ待ちに待った夏が来ます。

夏といえば、夏休み。旅行の計画は進んでいますか?

そこで、今回は海外旅行で得をする方法を考えました。

題して「この夏、海外旅行で絶対得する大作戦」

先日、訳あってキャンセルしちゃいましたが、

ビッグホリデー「思いっきりパリジェンヌ8日間」を例に
説明します。

例えば8月中旬の平日出発だと2名1部屋で252,000円です。

4人だと1,008,000円。

うーむ、ちょっと高い。

これじゃー、もう一人留学できちゃいそう。ちょっとオーバーか。わーい(嬉しい顔)

でも、少しでも安くしたい。

そこで、オリコカードの出番です。

オリコカードは、旅行に強いクレジットカードで、旅行代金を
クレジット払いにすると提携している旅行会社のツアーなら
割引が受けられるんです。

まず、バナーをクリックしてカードを作ってください。





このカード、年会費はもちろん無料なので心配無用。
但し、リボ専用カードもあるので注意してください。

そしてカードが届いたら、オリコカードのページからツアーの
申込みをします。

ビッグホリデーの海外旅行だと5%割引が適用されます。

すると、

1,008,000円×5%=50,400円

なんと50,400円もお得。

ちょっとした食事ができますよ。グッド(上向き矢印)

さらに、あなたがアフィリエイターなら、エーハチネットに
登録しましょう。


◆◇アフィリエイトのA8.net◇◆  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
登録・参加費一切無料!安心して始められます。
すでに50万以上のサイトがエーハチネットに参加しています!
参加広告主は3000社以上。だからあなたのサイトに合った広告素材が選べます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
詳しくはこちら>> http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=TW9OL+2J3CC2+0K+ZUAMB


そして、オリオカードの広告提携をして自分のブログに
オリコカードのバナーを貼ってください。

そこからカードを申し込めば、3,675円の報酬が発生します。

割引と合わせて54,075円の得。

いかがですか。

パリが少し近くなったでしょ。わーい(嬉しい顔)

紹介したツアー以外も割引が受けられます。

もちろん国内旅行も割引があります。

但し、割引の適用期間が2008/9までになっていますので
注意してください。

実際に選んだツアーが割引対象になるかどうかは、事前に
確認してくださいね。リゾート

ブログランキングはこちら。




ラベル:海外旅行
posted by 三十郎 at 06:00| 大連 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

海外留学と連絡手段

 娘が留学すると決まった時は、携帯電話で連絡が
とれると思っていました。

たまたま携帯電話がauで、海外通話ができない機種
だったので、レンタルをすればいいかと気楽に考えて
おりました。

しかし、留学となると期間が長い。

すると、とんでもない金額になってしまうんです。ちっ(怒った顔)

それで、やむなく携帯電話は断念。
国際電話用のテレフォンカードを持って行くことに。

しかし、大学に着いてしまえば寮にインターネット回線が
引かれており、Skypeですごく便利に話ができます。

便利な時代になりました。わーい(嬉しい顔)

ご存知の方も多いと思いますが、PC同士であれば
料金は無料。

おまけにWebカメラをつければ、TV電話に
なります。

Webカメラは安いものは千円くらいからあります。

このTV電話というのに慣れてしまうと、顔が見えないと
なんだか寂しい。わーい(嬉しい顔)

表情とか、向こうの部屋の様子とか見ることができて
海外にいるとは思えません。

おまけに、同時に3人でも会話ができるので
時々3地点で電話をしています。

残念ながら、3人の時はカメラは利用できません。

娘の話だと、現地でプリペイド式の携帯電話を
購入する留学生が多いようです。

その方が割安とか。

Skypeは、設定も比較的簡単なので、興味が
あって、話し相手がいれば是非ためしてみてください。わーい(嬉しい顔)

  Skype公式ページはこちら。












posted by 三十郎 at 00:39| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

海外旅行と保険

 前回、イギリスの長距離バスの予約変更の事を書きました。

しかし...

不安になって、Googleで検索してみましたが、この
ブログはヒットしませんでした。残念。もうやだ〜(悲しい顔)

あまり、世間的には役に立たないようです。バッド(下向き矢印)

やっぱ、「イギリス留学」とか「海外留学事情」とか
特化したページを作らないと見つけてもらえそうに
ありません。

まあ、ご近所さんは直接聞いてください。わーい(嬉しい顔)

しかし、懲りずに今回は保険について。

結局、娘は滞在期間が長いこともあり、大学から紹介された
保険に入り、あわせてcitiカードを作ってカードに付帯
している保険で対応しました。

カードに付帯している海外保険っていうのは、結構あって
あまり意識せず持っているカードにも付帯されていたり
します。

でも、問題は18歳未満の子供。

18歳未満だとカードが作れないので、付帯保険が
利用できません。

そこで、どうするか。

家族特約の海外保険がついたカードに加入するという
方法があります。

通常、ゴールドカードやプラチナカードにはついていますが
入会費、年会費無料の一般カードでも、ついているカードが
あります。

それは、SBIカード。

このカードは、旅行代金をクレジット払いにすると
家族を含め海外旅行の保険が付帯されます。

もちろん年会費無料。





結構、探すのに苦労しました。

そして、もっと良いのがUCカード。

こっちは、旅行代金の支払いは関係なく、カード発行で
家族特約の海外旅行保険が自動的に付帯されます。

残念ながら、このブログの審査が通っていないので
バナーが貼れませんが、家族で海外旅行するときには
カードを作ることをお勧めします。

もし、家族特約が不要であれば、NICOS VIASO
カードが便利です。

入会金、年会費無料で旅行代金の支払いに関係なく
海外旅行の保険が付帯されます。

但し、時間が経つと内容が変わる場合があるので
加入時には、確認をお願いします。





ちなみに、娘が滞在しているイーストアングリア大学の寮の
写真を載せておきます。

結構、よさそう。わーい(嬉しい顔)

CA390169_025_DS160.JPG






クレジットカード比較はクレジットカード申し込み.comで

ラベル:保険
posted by 三十郎 at 00:00| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

出発前のもう一つの問題

 なんで、こんな事を書いているか。

それは、苦労したからです。わーい(嬉しい顔)

結構、ネットをあさって見知らぬ方が書かれたブログなんかの
断片的な情報をもとに、あーでもない、こーでもないと
やっていました。

こんな時は、我が家の3台のPCがフル稼働です。

だから、少しお返ししようと書いているわけです。猫


さて、本題。

急遽、ヒースロー空港止まりとなった事は、前回書きました。

ここで、ちょっとした問題がひとつ。

少しでも現地での手間を減らそうと、ヒースロー空港から
大学までの長距離バスの予約をしていたのですが、これを
変更しなければなりません。


イギリスには、コーチ(Coach)とよばれる長距離バスが
あって、日本からでもネットで予約ができます。

ナショナルエクスプレスっていうやつです。

http://www.nationalexpress.com/coach/index.cfm

リンクを貼っておきましたが、英語のサイトです。

左側のウィンドウで行き先や日付、時間を指定して
予約ができますが、ちょっと遅くてひどい時は繋がりません。
このバス、全席指定です。


今でこそ、本人は「余裕〜るんるん」なんて言ってますが
この頃は、結構大変で、ホテル予約のメールを書くのも
苦労していたくらいです。


話戻って、さて、どうやって予約を変更するか。

長距離バスを紹介しているページは結構あるのに
キャンセルや時間変更にふれているページがない。

仕方なく、ナショナルエクスプレスの英語のページを
探した結果、どうも電話でないとダメらしい事が判明。

おいおい、電話って、どうするよ。


しかし、全席指定ってことは満席だったら乗れないって事。

しかたない、SKYPEで電話するか、


で、誰が?


この場合、我が家では当然、娘となる。

が、しかーし。

電話がつながったと思ったら、「ハロー」なんて
言っているうちに切れちゃった。

一般電話への30分無料チケットがあったんで
これで電話したんだけど、数秒でおしまい?
30分じゃないのー。

仕方なく、自宅の電話で再チャレンジ。

でも、理解できるのは「ハロー」くらい。

一生懸命説明しようとするけれど、英語が出てこない。もうやだ〜(悲しい顔)

下書きまでしたのに...

何度か電話するうちに、理解してもらえたようで
控えるように言われた何かのコードを書きとめて終了。

でも、このコード何?


困ったもんだ。

再度電話して聞く勇気も元気もなく

時間変更は伝えて、OKって言ったから良いことにしようと
いうことになりました。さすがアバウト。

きっと、乗る時にこのコードを運転手さんに
伝えれば乗れるはず。


でも、お前なんか知らんぞーって言われたら...がく〜(落胆した顔)


確かに、いきなりイギリスの窓口に電話する方も
大変だけど、受ける方も驚くよな。

日本からだもん。しかも言ってることが☆※△□?


この後、娘はかなり落ち込んでいました。

無理もない、不安大爆発です。ダッシュ(走り出すさま)


結局、変更したバスには無事に乗ることができ
教えられたコードは、再度予約変更するときの
受付番号だったことが判明。

予約変更には、手数料がかかりました。

これも、電話の時にクレジット番号を聞かれた事と
ページに書いてあったので予定通りです。
最悪2回分の運賃が請求されることも想定しましたが
なんとか伝わっていたようです。


しかし、世界は狭くなりましたね。わーい(嬉しい顔)


ランキング応援クリックお願いします。






ラベル:海外旅行
posted by 三十郎 at 00:00| 大連 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

海外旅行のホテル予約

 娘が出発する直前になって、泊る所がない事が発覚し
どうしたか。

まずは、大学から紹介にあったホテルを地図で確認。

でも、みんな大学から遠い。がく〜(落胆した顔)

とりあえず大学の近くのホテルを探すも、田舎なので
ホテルがない。

空き部屋を貸しているようなロッジが、結構見つかったん
だけど、さすがにどこも満室。

結構親切に別のロッジを紹介してくれるんだけど
一度に複数に確認メールを送ってるから、すでに満室
の返事があったところだったりで全部だめ。

どうも、同じ大学の留学生が占拠してるらしい。

でも、待てよ。exclamation&question

飛行機がロンドンに到着するのは夕方。

そこから大学までバスで4時間。

バスを降りる頃は、あたりは真っ暗。
はたしてロッジにたどり着けるのかーがく〜(落胆した顔)

しかもトランクは、自分とそれほど変わらないほど
重い。あせあせ(飛び散る汗)

明らかに無理だ。

そこで、空港に近いホテルを探すことに。飛行機

本人はメールで確認してたんだけど、ホテルが
なかなか探せなくて超苦戦。

しかたなく、ネット予約できるところを検索。グッド(上向き矢印)

なんかすごくスムーズに予約できちゃいました。わーい(嬉しい顔)

予約に使ったサイトはこれ。





オクトパストラベル



日本語のサイトだし、ホテルの写真や地図もあって
便利。その場で空室状況も確認できちゃう。

予約すると予約のメールが届いて、それを印刷して
ホテルのロビーに出せばOK。

娘の話では、すごく快適だったみたい。

価格も都内のビジネスホテルと同じくらい。


すっげー、外国のホテルがネットで予約できちゃう。

なんて、ちょっと感動ものでした。

支払はクレジット。利用しなかったけど送迎サービスも
あるみたいです。

ツアーじゃなくても、海外旅行できそうです。わーい(嬉しい顔)



同情するならクリックを。わーい(嬉しい顔)




posted by 三十郎 at 17:08| 大連 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

イギリス留学事情

 娘がイギリスに留学して、1ヶ月半が経ちました。

話を聞いていると、どうも時間の流れが違うようです。

タイムマネージメントというか、事務処理というか
そういった事がルーズらしい。

結構アバウトな娘には、相性が良いようですが、
中にはこれが許せない留学生もいるらしい。

きっと、ストレスたまるよな。わーい(嬉しい顔)

授業料や寮の滞在費は、結局銀行から送金したんだけど
クレジット払いにした学生さんがいました。

出発の少し前に、引き落とされていない事に
気がついたんだけど、留学先の大学からは何もなし。

留学パンフレットには、納入期限も書いてあったのに。

はじめは、限度額の関係で引き落とせなかったのかと
思ったんだけどそうじゃないみたいで、連絡をとって
対応してもらったようです。

あまりクレジットを使わない私は、限度額の事なんて
まったく頭にありませんでしたがちょっと大きな事を
しようと思うと気を付けないといけませんね。

ゴールドカードやプラチナカードをお持ちの方は
問題ありませんが。ぴかぴか(新しい)


今回、娘は寮に入る予定で、結構前から到着日を連絡し
到着日から寮に入れることを確認していました。

にもかかわらず、1週間前になって
「到着日からは入れません、自分でホテルを予約してください。」
なんてメールが来る。がく〜(落胆した顔)

確認した時はOKって言ったじゃん。ちっ(怒った顔)

ちょっと日本じゃ考えられません。

このメールから、出発前のバタバタが始まるわけです。

1週間前って、仕事の出張でもなかなか取りにくいのに
事情がわからない海外だよ、どうすんのよ。


でも、今はルンルンの毎日みたいです。パスワード


ブログランキング応援クリックお願いします。











クレジットカード比較はクレジットカード申し込み.comで


ラベル:留学
posted by 三十郎 at 18:46| 大連 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

イギリスへの贈り物

 昨日、4月からイギリスに行っている娘に、
荷物を送りました。

さすがにはるか彼方の外国、送料がバカ高。

飛行機の料金を考えれば想像はつくもののちょっと辛い。

多少高くても現地調達した方が安いとわかってはいても
ついつい荷物が多くなるのは、親バカなのでしょうか。わーい(嬉しい顔)

娘からのリクエストは、英単語の本とクチバシピン、
それとCDだったのに、なぜか重量が4kg。がく〜(落胆した顔)

ちなみに4kgだと、EMS国際スピート郵便だと
7800円。 高い。exclamation

船便だと半額くらいなんだけど、届くのに必要な日数が
不明。

たしか仕事で中国に資料を船便で送った時は
1週間くらいかかったような気が...

でも、EMSだと基本的には2日、荷物の所在をネットで
追跡確認もできちゃう優れもの。右斜め上

そんな訳でEMSにしたんだけど、最近荷物のチェックが
厳しいみたいで、中身を記載しないといけない。

しかも個数、重さ、値段も。おまけに当然だけど英語。

前回は、もっとたくさんであせあせ(飛び散る汗)、いろいろあったんだけど
とりあえず中身についてはセーフ。

郵便局の方から「カンズメの中身によっては、税関で時間が
かかったり、没収されるかも」って言われたんだけど、
個数も少なかったんで記載せず。

それで、無事到着。

で、今回もカンズメは記載しなかったんだけど、米を
入れたので窓口で「米」と言ったら、即アウト。もうやだ〜(悲しい顔)

なんと、お米は少量でも輸出届が必要になるんです。

一度帰って、「農政事務所」っていう農政局の出先に
電話して輸出届を提出し、農政局の印のある届出証を
荷物に添付しました。

思わぬ事態で大幅に時間がかかってしまった。猫

知っていれば時間を無駄にしなくて済んだのに...

参考に、手続きを書いておきます。

農政事務所は、各地域にあるので、ここに直接行くのが
一番早い。

でも近くに無い時は、ホームページから届出証を
ダウンロードして、記入、押印し、身分証明書の写しと
あわせて農政事務所にFAXで送付。

その後、農政事務所に電話し、FAXしたことと
手続きを依頼、手続きが済んだら、農政局押印の
届出証をFAXで返信してもらいます。

FAX返信は、今回はすぐして頂けました。

我が家にFAXが無いことも時間がかかった理由です。


娘は非常に楽しく生活しているようですが、出発前後は
いろいろバタバタしました。

詳細は別の機会にとっておきます。



ここをクリックすると1票投票されて、
現在のランキングが表示されます。応援クリックしてね。るんるん






海外ホテル予約ならオクトパストラベル


ラベル:EMS
posted by 三十郎 at 16:34| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

本日寒し

 先々週、久しぶりに風邪をひいてしまい、いまだに
咳がおさまりません。もうやだ〜(悲しい顔)

ここ最近、仕事も忙しく、娘たちもそれぞれ
イッパイイッパイで大変です。

でも、毎朝読む新聞の天気予報欄の最高気温が
すこしづつ高くなっています。

春だなー、春かなー。わーい(嬉しい顔)

こんなところでしか季節を感じられないところが
少しわびしい。

前回の記事に、換金レートを書きましたが、先週
UFJ銀行でポンドに換金してきました。

さすがに銀行は高い。

仲値+12円くらいのレートでした。もうやだ〜(悲しい顔)

夏の旅行の時は、もっとうまくやらなくちゃ。


気温が暖かくなると共に、家の中も落ち着いてくれると
うれしいんですが、まだまだありそうです。わーい(嬉しい顔)

クリック、クリック。 ここをクリック。わーい(嬉しい顔)






posted by 三十郎 at 20:10| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

為替手数料いろいろ

 以前の記事で、何が有利か記載しましたが、

取扱うところによっても、かなり差がでます。

前回は、具体的な金額を書きませんでしたので
今回は、具体例を書いておきます。

1ポンド=210円が仲値の場合。

  現金両替 外為どっとコム 210.05円(実績)
     出金手数料 3500円(三井住友銀行以外1回あたり)

       三菱東京UFJ 222円(実績)

  クレジット払い  218円(実績)

  VISAデビッド払い 214円(想定)

  国際キャッシュカード 223円(想定)

  トラベラーズチェック購入
       三菱東京UFJ 214円(実績)

       シティバンク 210円(手数料無しで外貨を換金)


やはり、いろいろ前提条件も違うので、これらの情報を
元に確認してみるのがいいと思います。

ブログランキング、是非クリックをお願いします。







  

posted by 三十郎 at 09:00| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

海外送金について

 さて、今回はバタバタの内容をもう少し詳しく残しておきます。

海外送金は、いろいろ方法があり、手数料等に差がでます。
その関係で、事前にいろいろ調べて、「外為どっとコム」と
「シティバンク」を利用する予定でした。

しかし、この方法で送金するには、事前に以下の事が
出来ている必要があります。

1.「外為どっとコム」の外貨出金口座が
  シティバンクのマルチマネー口座に
  なっていること。

2.シティバンクに振込先の口座が登録されている事。

どちらも、手続きに1週間程度必要と記載されています。
又、外為どっとコムの外貨出金にさらに1週間必要です。

送金先と期限に気づいた時点で、あわてて手続きを
したのですが、間に合いませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

外為どっとコムは、対応が親切で電話で確認したところ
快く、その場で登録作業をして頂けたのですが、問題は
シティバンク。

口座登録の書類を時間が無いので持参したのですが
記入ミスもあり、2度も足を運び、挙句の果てに
受取って貰えず、自分で郵送しました。

電話対応は親切だったんですが、銀行窓口は最悪です。

結局、三菱東京UFJの窓口で送金したのですが
こちらの対応は非常に親切で、安心できました。
初心者には、対面で説明して貰うのが、やはり一番です。わーい(嬉しい顔)

今回は、実現しませんでしたが参考に詳細を
載せておきます。





続きを読む
ラベル:海外送金
posted by 三十郎 at 09:00| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

海外留学の手続きと保険

 先週、バタバタと手続きをしました。

いろいろな事に気が付くのが遅れたため、予定通りには
いかず、すべてがギリギリ。ちっ(怒った顔)

そんな訳で、簡単に手続きを書いておきますので
必要な方は、参考にしてください。

1.まず、在学中の日本の大学で留学の選考があります。
  行き先にもよりますが、TOEFLの基準点をクリア
  する必要があります。
  娘は無謀にも、この基準が無い大学を選んでしまいました。
  
  選考には、TOEFL以外に成績と面接が基準になりました。

2.在学中の大学で許可が出ると留学先の大学に、必要な
  書類をそろえて留学許可の申請をします。
  確か、12月中旬に出したと思います。

  留学コース、滞在方法(ホームステイか学生寮か)の
  希望もこの時の書類に書きました。

  この後何の返事も無いまま、大学は休みとなり、
  次回の出席はなんと帰国後。
  大学の事務局は、休み中も営業?しているので、この後は
  事務局と連絡を取りながら対応。

3.留学先の大学から入学許可と保証金の入金依頼が
  きます。これが、1/28でした。
  ここで、授業料等の入金期限が記載されていたのですが
  見落としてしまいました。非常にイタイ。

  この連絡で、初めて正確な留学日程と費用が判明しました。
  パンフには、記載がありましたが、日程も授業料も
  パンフとは変わっていました。要するに飛行機チケットや
  送金準備が出来なかったわけです。


4.授業料、滞在費の入金。
  なんとこの期限が、授業開始の8週間前まで。
  4/7から授業開始なので、具体的には、2/8。

  おまけに、気が付いたのが1/31。もうやだ〜(悲しい顔)

  期限までに入金しないと寮や留学は保証できないなんて
  書いてあるもんだからこの後は、バタバタです。

5.この後、フライト日程や到着予定を連絡することに
  なります。


海外送金の方法を、いろいろ調べていたんですが、結局
1週間では、時間が足りず、UFJ銀行の窓口で送金
しました。もうやだ〜(悲しい顔)
連絡直後から2週間しか時間がないので、準備が整っていないと
チョット厳しいですね。

詳細は、別途書きます。

結局、保険は留学先の大学が推薦してきたものに加入
しました。

216ポンド、約4.5万なので良心的かな。


ブログランキング応援クリックお願いします。






posted by 三十郎 at 19:15| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

海外留学と保険について

 今年に入って、お酒の紹介から少し遠のいていますが
しばらくは、海外留学の話にお付き合いください。犬

前回は、海外での決済方法について整理しました。

その中で換金レートが比較的有利なVISAデビッドカードを
紹介しましたが、具体的な話を掲載していませんでしたので
少し、補足します。

VISAデビッド機能があるキャッシュカードで一番身近なのは
イーバンクマネーカードです。

口座開設もネットでできるし、カード発行も無料です。

スルガ銀行も扱っていますが、従来から利用していたことも
あり、イーバンクを選択しました。






さて、本題の保険です。

海外留学ということで、普通の海外旅行に比べ保険期間が
長くなります。海外旅行だと空港でも手軽に加入できて
数千円からありますが、さすがに滞在期間が半年となると
保険料も結構な値段になります。

いろいろな保険会社で扱っていますが、半年だと安いもので
5万前後、パックになっているものだと10万近くかかって
しまうようです。

そこで、ネットでいろいろ調べてみたところ、クレジット
カードに付帯している海外旅行保険が、結構利用できることが
わかりました。






続きを読む
ラベル:海外留学 保険
posted by 三十郎 at 22:42| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

海外生活決済方法の違い

 今回は、海外での決済方法の違いについてです。

前回、以下の5種類がある事を書きました。

 ・現金
 ・トラベラーズチェック
 ・クレジットカード
 ・国際クレジットカード機能付きキャッシュカード
  (国際キャッシュカード)
 ・VISAデビッド機能付きキャッシュカード
  (デビッドカード)

まずは、リスクについて。

紛失、盗難時の被害の大きさが一番少ないのは
トラベラーズチェック、次に現金とデビッドカード、
最後がクレジットカードと国際クレジットカード。

現金と違ってクレジットカードは、誰でも利用できる
わけではありませんが、スキミングというのも
よく話題になります。

デビッドカードは、預金以上に使用できないので
現金と同じにしました。又、不正使用に対する保証も
してくれます。

クレジットカードも不正使用が証明できれば
保証してくれるようです。


次は、紛失後の再発行について。

トラベラーズチェックは、発行会社のカスタマー
サービス等に連絡することで、再発行が可能です。
但し、購入控え、パスポート、警察届出証明書が
必要です。警察に届出をしないとダメということです。

銀行のキャッシュカード(国際キャッシュカードと
デビッドカード)は、海外でカードを受取ることは
難しいと思います。

クレジットカードは、発行会社によって違いますが
大手なら緊急再発行という制度があって、海外でも
カードを受取ることが出来ます。
カードを作る時に確認しましょう。
ちなみに、シティクリアカードは、この制度があります。

最後は換算レート。

ちょっと怪しいんですが、以下の順(お得な順)。

1.トラベラーズチェック
  中値での換算+手数料1%

2.現金
  TTS換金

3.デビッドカード
  VISA基準レート(中値に近い?)+手数料1.68%

4.クレジットカード
  換算レート(TTSに近い?)+1.68%+金利

5.国際キャッシュカード
  TTS換算+手数料3%+手数料1%

外貨は買う時のレート(TTS)と売る時のレート(TTB)が
あり、その中間の値段を中値といいます。
このTTS、TTBは銀行によって違うようで、中値との
差が1円から2円くらいはあります。

結構高いよね。わーい(嬉しい顔)

あとは、使い勝手を考えて、どうするか。

ある程度、現金、トラベラーズチェックを持参して
後はデビッドカードかな。

ただ、いくつか手段を持ってないと紛失時に困る事も
あり、クレジットカードも準備すべきかな。

クレジットカードは無料保険もあるし。わーい(嬉しい顔)

ブログランキングよろしくお願いします。





イーバンクマネーカード

posted by 三十郎 at 07:00| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

海外生活の通貨

 激動のひとつ、それは娘の海外留学。

なんと、無謀にも春からイギリスに短期留学することに
なりました。

実際に海外で生活するとなると、海外旅行とは違い
いろいろわからないことが多い。

おまけにわかりにくくて困ってしまう。猫

そんな訳で、「海外脱出」っていうカテゴリを新設して
調べたことを中心にここに残すことにしました。

最近、物忘れが激しくて。あせあせ(飛び散る汗)

間違いがあれば、指摘をして頂けると大変助かります。わーい(嬉しい顔)


そこで、今回は現地で使うお金について。
何を準備すればいいでしょう。

旅行と留学は、結構視点が違ってきます。

なんと言っても滞在期間が長いことと費用がかかること。
どうしても出費を抑えることに目がいってしまいます。わーい(嬉しい顔)

生活する訳なので、「現金」は はずせません。
近所のスーパーやコンビニでお菓子を買うのにカードって
いうのも微妙です、まあ利用可能ならいいのですが。

次に思いつくのが「トラベラーズチェック」。

旅行では、定番です。現金に比べれば換金率も良く、
サインなしでは使用できないので安全です。しかし
現金同様、補充の方法を考える必要があります。

期間中の利用想定額を一度に準備できるほど、財力が
ありません。わーい(嬉しい顔)

又、トラベラーズチェックは利用できる場所の問題と
利用時にパスポートの提示を求められるケースが
多いという問題もあります。

パスポートを毎日持ち歩くのは、ちょっとリスクありです。
特に我が家では。

次に思いつくのは、「クレジットカード」。

ここまでが、誰でも気がつくところだと思います。

買い物をする、お金を払うという意味では、この3パターンが
主なものだと思います。

但し、現地での補充という意味では、「現金」は話が
込み入ってきます。
トラベラーズチェックの現地補充もあると思いますが
手間がかかりそうなのでちょっとパス。

もう少し調べました。






シティ スチューデントカード


続きを読む
ラベル:海外生活
posted by 三十郎 at 15:47| 大連 | Comment(0) | TrackBack(1) | 18 海外脱出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする